読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

いま巷で話題?のイトーヨーカドー(Ito-Yokado)冬のカタログ⓷「クリスマス」(2016/10/20)

3回目の今日は、いま【Ito-Yokado 冬のカタログ】

『2016クリスマス』について書く。 

f:id:hansoku365:20161015190115p:plain

 

 〇全員集合クリスマス イトーヨーカドー

【サイズ】A5×48P

【予約期間】12/13(火)~22(木)(商品により異なる)
【お渡し】12/22(木)~25(日)
【特徴】
・早期特典

①11/30(水)までの対象商品予約で、ポイントプレゼント
 ②①に加え、ネット通販での注文でさらに500ポイントプレゼント
・ケーキとセットでお得!
「ガトーフレーズ4号」にお好きなオードブル等を選んで組み合わせると500円引き

表紙


f:id:hansoku365:20161015185647p:plain


ケーキとオードブル等のセットで500円引き



目についたフルーツアートとても可愛い

でも、ケーキには勝てないので、買わない(某女性スタッフ談)

 


 

本日のまとめ
おせち同様、クリスマスケーキもA5サイズのハンドブックスタイル。
こちらはおせちと違ってページ1~2アイテムという訳にはいかないらしく、紙面レイアウトにも苦心の跡が見受けられる。
紙面はケーキとオードブルがそれぞれ半分ずつの仕様になっているが、特に後半のオードブル関係の紙面が窮屈な印象。
いちばんの驚きは値段、百貨店と間違えそうな高い商品が並んでいる。
例えば、83,000円の生ハム(スペイン産原木・ホルダーセット、2万円近いワイン、ドンペリまで品揃え、他にも、キャビア(1万円)、黒毛和牛サーロインローストビーフ(2万円)など1万円を軽く超える商品がズラリ。 
 イトーヨーカドーのクリスマスって、誰(どんな客層)を狙っているのかなあ-
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    ↓ 時間のある人もない人も、ついでにポチッとクリック よろしく!!!ホーム - 365日の販促研究所
f:id:hansoku365:20151215155947p:plain
 
↓ 365日の晩ごはんブログ【新着】 クリックよろしく 
 
↓ 販売促進のネタ帳