読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

8月の百貨店通信簿速報(2016/9/10)

先週百貨店各社から、8月の業績(速報値)発表があった。

本日は【百貨店8月の通信簿】について書く。

f:id:hansoku365:20160808142849p:plain

 

◇企業別8月の業績

 〇 三越伊勢丹

f:id:hansoku365:20160808144236p:plainf:id:hansoku365:20160808144247p:plain

・三越伊勢丹の国内百貨店事業の合計売上高は前年同月比8.6%減 ×

・顧客の消費意欲が上がってこないところに天候与件も重なったことで、前年に好調だった夏物(晩夏物)、秋物ともに不調となり前年を下回った
・高額品は引き続き低調。高級時計や美術、家具などが伸び悩んだ
・インバウンドは前年高伸の反動で、客数は前年並みも客単価が下落
 
 
 
〇 J.フロントリテイリング
f:id:hansoku365:20160829172735p:plainf:id:hansoku365:20160829172749p:plain

 ・J.フロントリテイリングの大丸松坂屋百貨店の合計売上高は7.4%減、博多大丸、下関大丸、高知大丸を加えた百貨店事業合計7.4%減 ×

・パラソル、帽子などに動きが見られ、美術品も売上を伸ばした

・厳しい残暑により、秋もの婦人ファッションの動きが鈍かった

・心斎橋店本館建替え工事に伴う売場面積減

・前年大きく伸ばした訪日外国人売上の反動減

・休日が1日減であったことによるマイナス影響

 


 

〇高島屋グループ 
f:id:hansoku365:20160829173209p:plain
・高島屋単体(13店)の売上高は前年同月比4.2%減
・国内百貨店子会社を含む17店の売上高は4.4%減 ×
・台風による影響や休日が1日減だったこともあり、前年実績を下回った
・免税販売額は、化粧品などはほぼ倍増と好調に推移したものの10.9%減
 
 
〇H2O

f:id:hansoku365:20160903191658p:plainf:id:hansoku365:20160903191713p:plain

・阪急阪神百貨店の全社計売上高は前年同期比5.0%減 ×

 阪急本店5.1%減、阪神本店8.0%減、支店計3.8%減
 
 
〇そごう・西武

f:id:hansoku365:20160903191758p:plainf:id:hansoku365:20160903191809p:plain

・そごう・西武全23店合計の売上高は4.3%減 ×

 西武池袋本店は0.5%減

・8月22日、30日の台風影響で売上・客数に大きく影響

・月間を通して必要購買型の化粧品は前年を超え好調

・衣料品は秋らしい新しい色目に動きがみられるも、全体の押し上げには至らず

・19日にオープンした「セットプルミエ by ケンゾータカダ」は、目標の約2倍の売上と、好調な出足で推移

 

 

◇大手百貨店5社減収 8月 衣類・食品など低迷(2016/9/2付 日経新聞朝刊)

大手百貨店5社が1日に発表した8月の売上高(既存店ベース、速報値)は5社すべてで減収となった。婦人服や紳士服のほか、食品など多くの分野で低迷し、インバウンド(訪日外国人)の売上高も落ち込んだ。8月は土日祝日が前年に比べて1日少なかったことに加えて、台風などの天候不順も影響した。


本日のまとめ

9月8日の日経に「百貨店、大量閉鎖時代に…」という記事が掲載されていた。

インバウンドの失速、インバウンド爆買いにかまけ、日本人のお客をないがしろにしたツケが回ってきただけ…という言い方は酷すぎるかとも思うが、百貨店が好きだからついつい辛口コメントになる。

f:id:hansoku365:20160909192511p:plain 

 

 

 

↓ 時間のある人もない人も、ついでにポチッとクリック よろしく!!!

ホーム - 365日の販促研究所

f:id:hansoku365:20151215155947p:plain

 

↓ 365日の晩ごはんブログ【新着】 クリックよろしく

 ↓ 販売促進のネタ帳