日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

二十四節気七十二候 「秋分 雷乃収声」(2017/9/23)

二十四節気の第16番目「秋分」、七十二候は「初候(第四十六候) 雷乃収声」。
期間は9月23日~9月27日頃。読みは「かみなりすなわちこえをおさむ」、「雷が鳴り響かなくなる」などといった意味。  

f:id:hansoku365:20170920191425p:plain

 

◇二十四節気七十二候の成り立ちと一覧
二十四節気は太陽の動きをもとにしています。太陽が移動する天球上の道を黄道といい、黄道を24等分したものが二十四節気です。

黄道を夏至と冬至の「二至」で2等分
   ↓
さらに春分と秋分の「二分」で4等分
   ↓
それぞれの中間に立春、立夏、立秋、立冬の「四立」を入れて「八節」とする
   ↓
一節は45日。これを15日ずつに3等分し「二十四節気」とする
   ↓
さらに5日ずつに3等分し、時候を表したものが「七十二候」二十四節気は、毎年同じ時期に同じ節気がめぐってきます。そして、節気の間隔が一定で半月ごとの季節変化に対応できるので、天候に左右される農業の目安として大変便利なものでした。季節を知るよりどころでもあったため、天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、今でも年中行事や事項の挨拶など色々なシーンで使われています。f:id:hansoku365:20160915124548p:plain 

 

本日のまとめ

昨日から急激に冷え込んだ京都、最高気温は23℃と前日から5℃低くなってしかも雨。秋になったということなのだろう。確かに夏の象徴である雷鳴をいつの間にか効かなくなったなあ。

イオンモールKyoto リニューアル1周年(2017/9/22)

京都駅八条口から程ない場所に位置する、イオンモールKyotoのリニューアル1周年セール。端境期の9月中旬に大きなプロモーションは避けたものだが…  

 



本日のまとめ
京都の駅裏再開発は何十年も前から懸案の課題で、過去には「新都ホテル」「ホテル京阪」「アバンティ」、そして「イオンモール京都」。
最近はバスターミナル改修でずいぶんきれいになった。しかし京都を訪れた人がどんなイメージを持つかというと…