読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

満を持して?【JR京都伊勢丹の春セール】(2017/3/29)

京都はたいていの場合、3店の百貨店のチラシ折込日は同じという記憶があったので、先週大丸と高島屋が春のスタートを告げるチラシを折り込んだが、伊勢丹は無かったことがちょっと気になっていた。で、今朝の朝刊に折り込みチラシ。

という訳で本日は【JR京都伊勢丹の春セール】を紹介する。

f:id:hansoku365:20170328164050p:plainf:id:hansoku365:20170328164137p:plain

 

 

〇伊勢丹通信 2017

タイトル一覧

・京今日<kyo kyo>

f:id:hansoku365:20170328164949p:plain

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1610kyokyo/

【期間】3/29(水)~4/11(火)

<京今日 kyo kyo>はジェイアール京都伊勢丹が提案する今の京都を五感で感じるモノ・コト・バ。歴史と革新が交差する京都の今を、どうぞご体感ください。

 


・花咲(わら)う。

f:id:hansoku365:20170328164526p:plain


http://cp.miguide.jp/japansenses/kyoto/index_new.html
【期間】3/29(水)~4/11(火)

私たち日本人が、どこか特別な思いを寄せる花、桜。
その開花は、私たちの心まで華やかにしてくれるようです。
「咲」という字は、もとは「わらう」という意味でしたが、
日本ではこれを「花が開く」という意味で使うようになりました。
花が咲く姿に、口元がほころびるさまを思い浮かべる。
そんな豊かな感性を大切に、この季節を楽しんでみませんか。
日本の良さを、新しい価値として国内外に発信する「JAPAN SENSES」。
花の季節を、花にもまさる笑顔で過ごせるような、
素敵なモノやコトをご紹介します。

 

・日本の職人展
【期間】3/29(水)~4/3(月)

1P


2P


3P


4P

 

 

本日のまとめ

JR京都伊勢丹の催しは、気品の良さとかを感じさせられるものが多い。

大丸や高島屋という京都にどっかりと根を張っている百貨店と違う外様(東京もん)百貨店。そんなコンプレックス?を、あえて前面に押し出している気がしてならない。それが古いものを有難がりながら、実はちょっと飽きている京都人には新鮮に映るのだろう。

 

 

 

 

 

 

お知らせ

そろそろお中元ギフトカタログ制作に着手し始めるタイミング。

365日の販促研究所がまとめた『2016年 お中元白書』をご案内します。 

f:id:hansoku365:20170206123215p:plain

お中元市場の規模、トレンド変化から、大手百貨店、量販店のカタログについての、女性たちのホンネもあります。2017年のお中元を考える際のヒントになれば…

ダウンロードは  ☟ をクリック(無料)

2016年度お中元白書 - 365日の販促研究所

※読んだ感想・ご意見、質問等を書いていただけるかたは、「問い合わせ」にてお願いします。

 

 

 

 

いまお伊勢さんがアツい !!?(2017/3/28)

先週末に「伊勢新発見の旅 コト旅」というフライヤーが折り込まれていた。そういえば、以前ブログに書いた「お伊勢さん 菓子博2017」が始まる頃。という訳で本日は【お伊勢さん】について書く。

 

f:id:hansoku365:20170327173132p:plain


 

〇 伊勢新発見の旅 コト旅 

f:id:hansoku365:20170327133216p:plain

伊勢まちづくり株式会社


【サイズ】A4×4P
表 伊勢 心のふるさと、伊勢神宮で、新しい体験を。



内宮、外宮、河崎エリアのマップと「体験プラン」の一例を紹介。




裏 伊勢 知る人ぞ知る、伊勢河崎で新しい体験を。
 
 
本日のまとめ
京都から近鉄特急で2時間5分。GWにちょっとした小旅行気分を味わってはどうだろう。 

f:id:hansoku365:20170327173838p:plain

f:id:hansoku365:20170327173531p:plain

 
 

お知らせ

そろそろお中元ギフトカタログ制作に着手し始めるタイミング。

365日の販促研究所がまとめた『2016年 お中元白書』をご案内します。 

f:id:hansoku365:20170206123215p:plain

お中元市場の規模、トレンド変化から、大手百貨店、量販店のカタログについての、女性たちのホンネもあります。2017年のお中元を考える際のヒントになれば…

ダウンロードは  ☟ をクリック(無料)

2016年度お中元白書 - 365日の販促研究所

※読んだ感想・ご意見、質問等を書いていただけるかたは、「問い合わせ」にてお願いします。