読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

2月のコンビニ通信簿(2017/3/16)

コンビニ各社から2017年2月度の業績速報値が発表されたので、本日は【 2月のコンビニ通信簿】について書く。

f:id:hansoku365:20160830102221p:plainf:id:hansoku365:20160830102252p:plainf:id:hansoku365:20160830102323p:plainf:id:hansoku365:20160830102547p:plain

 

 

 

〇 ローソン 2月の売上は 〇

・全店売上高は前年同月比0.2%増  

・198店を出店、58店を閉店し、純増は140店

 月末国内店舗数は1万3111店

f:id:hansoku365:20160713151405p:plain

 

 

〇 セブンイレブン 2月の売上高は 〇

・チェーン全店売上高は、前年同月比2.6%増

・店舗数は1万9422店

f:id:hansoku365:20160713151233p:plain

 

  

〇 ファミリーマート 2月の売上は 

・全店売上は前年同月比7.7%増

・142店を開店、373店をサークルK・サンクスからブランド展開し、80店を閉店

 435店の純増。月末店舗数は1万2089店 

f:id:hansoku365:20160713151309p:plain

 

〇 ミニストップ 2月の売上は ×

ミニストップ/2月の全店売上1.6%減

・出店18店、閉店5店で、期末店舗数は2263店 

f:id:hansoku365:20160713151157p:plain

 

本日のまとめ

2月の大手コンビニの通信簿は3勝1敗という結果。個別の数字からは、サークルKとの合併を実現して店舗数が大幅に増えた、ファミリーマートが、前年同月比7.7%と高い成長。コンビニ業界も当分の間は好調が持続するだろうが、人材不足、賞味期限切れ問題、FCオーナー貧困など解決を急がなければならない問題が山積。将来は決して明るいとは言えない。

 

 

 

お知らせ

そろそろお中元ギフトカタログ制作に着手し始めるタイミング。

365日の販促研究所がまとめた『2016年 お中元白書』をご案内します。 

f:id:hansoku365:20170206123215p:plain

お中元市場の規模、トレンド変化から、大手百貨店、量販店のカタログについての、女性たちのホンネもあります。2017年のお中元を考える際のヒントになれば…

ダウンロードは  ☟ をクリック(無料)

2016年度お中元白書 - 365日の販促研究所

※読んだ感想・ご意見、質問等を書いていただけるかたは、「問い合わせ」にてお願いします。