読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

旬は過ぎたが、待ちに待った!? ボジョレー・ヌーボー解禁(2016/11/17)

いよいよ待ちに待った? ボジョレー・ヌーボー解禁日。

昨年は、ボジョレー・ヌーボー解禁の直前にフランスパリで同時多発テロが発生、その影響から本国フランスはもとより、世界各地で祭典は自粛した記憶がある。

と言う訳で、本日は【ボジョレー・ヌーボーワイン】の話 。

f:id:hansoku365:20151117150449p:plainf:id:hansoku365:20151116164412p:plain

 

◇ボジョレー・ヌーボーとは?

フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地域で造られる、その年に収穫された葡萄をその年に仕込む、フリッシュな新酒(=ヌーボー)をボジョレー・ヌーボーと言う。もともとはボジョレー周辺の地元住民が「地酒」感覚で楽しんでいたものを、1967年にフランス政府が公式に11月15日を解禁日にして発売することが認められたのをきっかけに、最初はパリのレストランで大ブレイク。そして1970年代に入ると、陸路や空路の発達に伴い、日本を含め世界中に広く知られることとなった。

f:id:hansoku365:20161115171052p:plain

エイジゲート | サッポロビール

 

 

 

◇2016 量販店のボジョレー商戦

f:id:hansoku365:20161116140607p:plain

↑ イオンスタイル京都桂川店内 POP

明日はボージョレ解禁です。
新酒のワインをお楽しみ下さい。
様々な酒類を取り揃えてお待ちしております。

 

 

◇量販店のボジョレーチラシ ピックアップ

〇マツモト
 10/23(日)~24(月)
 
 11/10(木)~11(金)

 11/16(水)~17(木)
 
〇イトーヨーカドー
 11/9(水)~15(火)


 11/15(火)~20(日)(催事チラシ)



 11/16(水)~22(火)




〇アピタ
 11/15(火)~17(木



〇イズミヤ
 11/15(火)~17(木)



〇関西スーパー
 11/15(火)~18(金



〇オークワ
 11/16(水)~18(金)



〇バロー
 11/16(水)~18(金)



〇ヤオコー
 11/16(水)~18(金)



〇ライフ
 11/16(水)~18(金)



〇サミット
 11/16(水)~20(日)


 

◇ワインについてのアンケート ※アサヒビールHDハピ研

f:id:hansoku365:20161115173513p:plain

  • 第610回自宅でワインを飲むのはどんな時ですか?
  • 秋らしさがぐっと深まるこの季節を迎えると、なぜかフルーティなワインが恋しくなります。実りの秋にふさわしいご馳走とのマリアージュはもちろん、年末に向けて増えるパーティーに華を添える存在としても欠かせませんね。そこで今回は「ワイン」をテーマに、自宅における飲用シーンなどを詳しく聞きました。

  調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:911人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2016年10月19日~10月25日

 

◇家計調査に見る京都人のワインへの支出傾向

京都人のワインへの支出は、金額で第11位、数量では第10位、酒類全体での支出ランク(17位)から判断すると、家でワインを飲む人は多い。

ちなみに、金額1位は東京都区郡、2位横浜市、3位長野市、4位甲府市、5位川崎市、6位さいたま市、7位盛岡市、8位仙台市、9位千葉市、10位福岡市…とベスト10のうち9か所は東日本の都市という興味深いデータ。 

f:id:hansoku365:20161115172051p:plain

 

 

本日のまとめ

ボジョレー・ヌーボー解禁が、ニュースで話題になることが少なくなってきた。メディアで取り上げられるのはせいぜい、フランスからワインの積荷が飛行機で到着したとき、解禁日のカウントダウン時ぐらい。かつてバブルの頃の、ワイン風呂やカウントダウンパーティーなど乱痴気騒ぎは何だったのか…?

統計によれば、日本人のワイン消費量は毎年増えているなか、ことボジョレー・ヌーボーの需要は年々下降しているとか。

ある意味ワイン市場も成熟期に入ったということだろう、次なるマーケティングを急がなければ、ワイン市場はしぼんでしまう。

 

 

 

 

 

    ↓ 時間のある人もない人も、ついでにポチッとクリック よろしく!!!ホーム - 365日の販促研究所
f:id:hansoku365:20151215155947p:plain
 
↓ 365日の晩ごはんブログ【新着】 クリックよろしく 
 
↓ 販売促進のネタ帳