読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ほぼまいにち気ままな雑感

半世紀近く流通業界傍流の立場で、世の中を斜め45度から観察  スーパーマーケットチェーンの勃興から繁栄・挫折、百貨店の栄光と衰退の繰り返し、商店街の栄華盛衰などを間近で経験 ・半世紀以上いち生活者の立場で、暮らしを営み続けている  高度経済成長期下での贅沢謳歌から、マイナス成長下での質素倹約生活まで

百貨店もお中元スタート ② 「JR京都伊勢丹」(2016/5/27)

先週末頃から百貨店でも、お中元ギフトの承りがスタート。

近年低迷する儀礼ギフト市場ではあるが、百貨店にとってこの時期は、全売り上げの10~20%を稼ぐ大切な催し。自ずと各社も気合が入るというもの。そこで、今日から在阪百貨店ごとに2016年の夏ギフトカタログを検証したい。

2回目の今日は【JR京都伊勢丹】について。

f:id:hansoku365:20160524191600j:plain

 

f:id:hansoku365:20160526182522j:plain

  

伊勢丹の贈り物

f:id:hansoku365:20160524192159p:plain

f:id:hansoku365:20160524192341p:plain

f:id:hansoku365:20160524192352p:plain

 

f:id:hansoku365:20160524192659j:plain

 

日本のお中元

f:id:hansoku365:20160524192411p:plain

f:id:hansoku365:20160524192437p:plain

f:id:hansoku365:20160524192449p:plain

 

f:id:hansoku365:20160524192749j:plain

 

他に…

f:id:hansoku365:20160524192907p:plain

f:id:hansoku365:20160524192935p:plain 

f:id:hansoku365:20160524192948p:plain 

f:id:hansoku365:20160524193002p:plain

 

本日のまとめ

このところの伊勢丹のギフトカタログ表紙デザインが素晴らしい。下のビジュアル、左は2015年夏の「マスカット」、右は2015年冬の「数の子」。今回はシリーズ3回目で「桃」。いずれもモチーフの色をキーに表紙ビジュアルを構成している。一見誰もが思いつきそうなアイデアではあるが、プロフェッショナルの仕事と感心する。

 f:id:hansoku365:20160525134504j:plainf:id:hansoku365:20160525134541j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 時間のある人もない人も、ついでにポチッとクリック よろしく!!!

ホーム - 365日の販促研究所

f:id:hansoku365:20151215155947p:plain

↓ 365日の晩ごはんブログ新着 クリックよろしく

 ↓ 販売促進のネタ帳